クレンジングオイルの洗浄力と肌への影響について

2018年07月12日

クレンジングオイルの洗浄力と肌への影響について



クレンジング料の中で人気のクレンジングオイル。
クレンジングオイルにはいくつか種類があるので、購入する時には適した商品を選択するようにしましょう。

クレンジングオイルの用途はいずれの場合もメイクを落とすことですが、どんな成分が含まれているかは商品によりけりです。

クレンジングオイルの成分のイメージ

クレンジングオイルの性能はいくつかあって、肌を白くするもの、美肌効果があるもの、お肌をなめらかにしてくれるものなどがあります。

アイメークなどを落とすのに苦労されている人も多い様で、アイメークのクレンジングに特化した商品もあるくらいです。

メイク汚れが簡単に落ちるようにと、クレンジングオイルは顔にしばらく顔にのばしておくだけで、メイクが浮き出させ、流水で洗うことが可能です。

オイル成分が多いメイクを溶かし出すには、オイル成分を含んでいるクレンジングを使う必要があります。
クレンジングオイルの油分がメイクの油分を分解する役目を果たしてくれるので、しっかり洗い流すことができるのです。

クレンジングを洗い流す女性

普段はメイクをして家を出るという人は、どんなに疲れて帰ってきても、帰宅時間が遅くなっても、クレンジングをしなければいけません。

お肌をきれいに状態に保っておくためには、クレンジングを毎晩するだけでなく、洗顔後の洗い残しや泡汚れを残さないことが重要になります。

クレンジングのすすぎ残しが無いように、最後まで洗い流すことが大切です。
人によっては、バスタイムにクレンジングを行うタイプのクレンジング料がいいという方もいます。

濡れた手で扱えるクレンジング料なので、一般的なクレンジングオイルよりも簡単に扱うことができるものです。

優しさと効果にこだわるヴィオーのクレンジング試してみた

2018年07月10日

優しさと効果にこだわるヴィオーのクレンジング試してみた



以前から気になっていた毛穴汚れ防止に効果のあるクレンジングVIE EAU(ヴィオー)の「クレンジングジェル プラス ヴァイタルミックス」を使ってみました。

クレンジングのパッケージ

シンプルで清潔感のあるパッケージデザインです。
写真で見るより実物の方が高級感あります。

このクレンジングは、「毛穴の汚れ残りや角栓に着目した美容液クレンジングジェル」です。
特徴は、次の7つ。

・アルガンオイルが毛穴をゆるめ、毛穴の奥のさびまでしっかり落とす
・NMFの源であるフィラグリンの産生を促進
・10種のハーバルエキス配合で透明感UP
・11種のアミノ酸+PCA配合で肌力を底上げ
・マイクロコラーゲン配合で、コラーゲンの合成促進に直接働きかけ、ふっくら弾力肌へ
・3Dヒアルロン酸で潤いヴェール
・ヒト型セラミドが角質層のバリア機能をサポート

クレンジングなのに、なんとも贅沢な成分を配合していますね。

プラスヴァイタルミックスを使う女性の手

写真のように白濁したジェルで、きめ細かい感じです。
やわらかくてとろっとしてます。

練乳のようなテクスチャーです。
マスカット大のクレンジングジェルをクルクルなじませて、ぬるま湯で洗い流します。

メイクなじみや伸びはとても良い感じです。
いろんな精油が配合されているので、香りは複雑な香りです。

甘い香りではなく、爽やか系の、良い香りです。
ここまでは、とても良い感じです。

気になったのは、すすぎの時。
アルガンオイルやヒト型セラミドが配合されているためだと思いますが、ぬるつきが気になりました。

洗い上がりがつっぱることは全くないのは良いと思います。
が、いつもに比べて化粧水の浸透に時間がかかりました。

配合されている美容成分は本当に素晴らしいですが、洗い流してしまうクレンジングに配合するのは、個人的にもったいないと思いました。

アミノ酸やヒト型セラミドは、どうせなら美容液やクリームなどで使いたいですね。


クレンジングジェル プラスヴァイタルミックス 150g
価格 3,200円(税抜)

プラスヴァイタルミックスの全成分


「全成分」

水・ヤシ油脂肪酸PEG−7グリセリル・BG・DPG・トリイソステアリン酸PEG−20グリセリル・ワイルドタイムエキス・オタネニンジン根エキス・セラミド2・セラミド3・セラミド6(2)・ヒスチジン・フェニルアラニン・トレオニン(アミノ酸)・アルギニン・アスパラギン酸・PCA・PCA−Na・グリシン・アラニン・セリン・バリン・イソロイシン・プロリン・加水分解コラーゲン・トウキンセンカ花エキス・オウゴン根エキス・ハマメリス葉エキス・ローズマリー葉エキス・ホップ花エキス・ヤグルマギク花エキス・ゼニアオイ花エキス・乳酸Na・トコフェロール・PG・カンゾウ根エキス・ユーカリ葉エキス・アロエベラ葉エキス・ワレモコウエキス・クオタニウム−33・ヒアルロン酸クロスポリマーNa・マヨラナ葉エキス・コレステロール・クオタニウム−18・カルボマー・水酸化Na・エチルヘキシルグリセリン・イソプロパノール・ペンチレングリコール・アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)・アオモジ果実油・イランイラン花油・オレンジ油・ジャスミン油・ダマスクバラ花油・ニオイテンジクアオイ油・パルマローザ油・ユーカリ葉油・レモン果皮油・ローマカミツレ花油

皮膚常在菌を知ろう!

2018年07月06日

皮膚常在菌を知ろう!



常在菌とは、私たちのカラダの中や表面の菌です。
健康な人でも、実は人間には多くの菌がいます。

そんな菌の中でも、皮膚常在菌は、肌に常に存在する菌です。
皮膚でも腸内細菌叢と同じく、菌が美肌のキーを握っているのです。

皮膚常在菌とは?

皮膚常在菌が良好な状態であれば、美肌も保たれやすいのです。
皮膚にも様々な菌がいます。


1.皮膚常在菌の種類



大きくは、「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3種に分類されています。

1)善玉菌


代表的な菌が表皮ブドウ球菌です。
その名のとおり、お肌にとって正義の味方。

美肌のために良いことをしてくれる菌ですね。
皮膚にうるおいを与え、乾燥を防ぎ、外部刺激から守ってくれます。

ターンオーバーやバリア機能のために大切な菌です。

2)日和見菌


代表的な菌がアクネ菌等です。
皮膚上の善玉菌と悪玉菌のバランスによって、正義の味方にも悪党にもなってしまいます。

女性の皮膚常在菌

普段は正義の味方として働きます。
しかし、皮膚常在菌のバランスが崩れると毛穴の中で大増殖してニキビの原因となるのです。

3)悪玉菌


代表的な菌が黄色ブドウ球菌やマラセチア菌です。
肌荒れなど肌トラブルを引き起こす悪党の菌です。

また、湿疹や傷口の化膿の原因になります。
さらに、ニキビやアトピーを悪化させることもあります。

皮膚常在菌は、3種ありますが、バランスが大切です。
悪玉菌だけを減らせば、良いわけではありません。


2.皮膚常在菌を守るスキンケア



スキンケア化粧品による保湿は、皮膚常在菌のバランスを保つ上で大切です。
だから、保湿力の高いエイジングケア化粧品を使ってしっかり保湿しましょう。

そんなエイジングケアを行なうための化粧品選びのポイントは、保湿で潤いをキープできることと刺激が小さいことです。

刺激の強い保湿化粧品

ただし、あまり油分の多いタイプはデメリットもあります。
バランスの良いエイジングケア化粧品を使いましょう。

皮膚常在菌を意識したエイジングケアを行うことで、お肌の老化防止にもつながります。

大豆イソフラボンの胃がんへの効果

2018年06月26日

大豆イソフラボンの胃がんへの効果



今回は、大豆イソフラボンの研究について。
大豆イソフラボンといえば、アンチエイジングやエイジングケアに良い成分です。

女性ホルモンのはたらきから、コラーゲンやエラスチンを増やすのを助けます。
今回は、大豆イソフラボンを食べることで、胃がんの進行を抑えるという研究報告です。

胃がんの進行を抑えたい女性

これは、アンチエイジングやエイジングケア以上に良いはたらきです。
岐阜大学の研究チームは、大豆イソフラボン(主に非発酵大豆食品)の高摂取が胃がんの予防につながる可能性についての研究報告を、医学誌「International journal of cancer」のオンライン版2015年1月14日号で発表しました。

この研究は、岐阜県高山市の住民の集団で、塩分摂取量ほかライフスタイルに関連する因子を調整し、大豆やイソフラボンの摂取量と胃がん発症率の関係を調査したものです。

具体的には、1992年9月時点で35歳以上であった男性1万4,219人、女性1万6,573人について、大豆やイソフラボン摂取量を食物摂取頻度調査票(FFQ)で調査しました。

主な結果は、

・2008年3月までに男性441人、女性237人が胃がんになった。
・大豆の摂取量が、少ない下位の1/4の人と多い上位の1/4を、統計手法で比較したところ、上位の1/4の胃がんのリスクは低かった。
・女性においては、イソフラボンの摂取量と胃がんリスクも同様の傾向だった。
・非発酵大豆食品の摂取量が多いと、胃がんリスクが低いことが認められた。
・発酵大豆食品の摂取量と胃がんリスクとの間には、関連は認められなかった。

大豆イソフラボンが健康によいと知った女性

大豆イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれる成分で、女性ホルモンのエストロゲンのようなはたらきをすることでも注目されています。

過剰摂取での問題も報告されるケースもありますが、比較的、健康に良いという研究報告が多いようです。

今回の研究もその1つですが、古くからの日本人の食文化の1つの評価は興味深いですね。
また、大豆イソフラボンを健康やエイジングケアに活かしましょう。

素敵なバラ「ダマスクローズ」のハンドクリーム発見!!

2017年02月21日

素敵なバラ「ダマスクローズ」のハンドクリーム発見!!



毎年のこの季節は乾燥に悩まされっぱなし!!
特に手肌の乾燥が顕著で、カサつきやしわが目立ってしまいます。

乾燥対策でハンドクリームを使っているのですが、なかなか自分の肌に合うものが見つからない。
そんな中でみつけたのが、植物由来であるバラの成分が配合されたハンドクリームです。

詳しく調べると、バラの女王と呼ばれるブルガリアの「ダマスクローズ」を50%もの超高濃度で配合しているようです。
なんと贅沢な!!

ダマスクローズのイメージ

ダマスクローズには、

・リラックス効果
・保湿効果
・抗菌効果

などがあり、手肌以外にも癒しを届けてくれます。

無着色・無香料ということもあり、私の肌でも安心して使えました。
その商品は「ナールスロゼ」という半透明のピンクのジェルが特徴のハンドクリームです。

ジェルタイプなので、べたつきもなく、1年中季節を問わず使えそうです。
リラックス効果もあるので、プレゼントにもおすすめのハンドクリームですね。

そして、もう1つ見つけた大きな特徴は、京都大学と大阪市立大学で開発された注目のエイジングケア化粧品成分「ナールスゲン」を推奨濃度で配合していることです。

ナールスゲンには、

・コラーゲン
・エラスチン
・ヒートショックプロテイン

を増やす効果があるそうで、エイジングケアにも役立ちます。

もし、私のような悩みに直面しているのなら、1度試してみてはいかがでしょうか?
さて、今回はその癒しの効果もある、ダマスクローズについて調べたことをかいていきます。


1.ダマスクローズとは?



ダマスクローズは世界中で栽培されており、モロッコやトルコ、中国、イタリア、ブルガリアなどがダマスクローズの産地として有名です。

バラの女王「ダマスクローズ」

バラの女王であるダマスクローズの中でも特にブルガリア産ダマスクローズの香りが良いので、まさにバラの女王と言えるでしょう。

香りがすばらしいブルガリア産のダマスクローズは、世界中のバラの商品などで重宝され、高級ブランドの香水などにも使わています。


2.ダマスクローズの花について



ダマスクローズは5月下旬から6月上旬にかけて花を咲かせます。
なので一年のうちたった20日程度しか咲きません。

ブルガリアはこの時期になると、午後にはスコール、翌朝は晴れるなどの独特の気候になり、
そのスコールの影響が香り高いバラを育てる最も大切な条件となります。

そんなダマスクローズですが実は花よりもつぼみのほうが良い匂いがするのはご存知でしょうか?
開いた花よりもつぼみの方が香りを溜め込んでいるのです。

花が開くと香り高い成分がどんどん外へ逃げてしまいます。
そのためダマスクローズは朝早く、太陽が昇る前に、つまりバラがまだつぼみで、たくさんの香りを蓄えた状態で収穫されるのです。


3.ダマスクローズから採れるオイル?



ダマスクローズから採れるオイルがあります。
「水蒸気蒸溜法」という方法でダマスクローズの花からローズオイルを採ります。

水蒸気蒸溜法とは、釜でバラの花と水を煮詰めてオイルをつくる方法です。
水と花しか使わないので、肌に塗っても口に入れても安全なオイルになるのです。

ダマスクローズオイルを使う女性

この方法でつくられたローズオイルはとても貴重で、約2,600本からわずか1gしかとれません。
非常に高価なことから、ローズオイルはプラチナよりも高価と言われているそうです。


4.まとめ



今回の記事ではダマスクローズとは何か?を説明してきました。
ダマスクローズの魅力が少しでも、伝わっていたなら幸いです。

< 1 2 3 4 5 6 >