2017年01月

便秘治療に新しい風!アミティーザの特徴と効果を知ろう

2017年01月15日
アミティーザってお薬を知っていますか?

病院に通って、便秘を治療している方ならご存じだと思いますが、ほとんどの人は知らないかもしれません。

このアミティーザは、慢性便秘症を改善する作用のあるお薬として、4年前にマイランEPD合同会社から発売された医療用医薬品なんですよ。
正式名称は、「アミティーザカプセル24µg」。1回1カプセル、1日2回、朝食後と夕食後に服用するんです。

それでは、このアミティーザが、便秘にどんな効果があるかをご説明しますね。

アミティーザは他の下剤と違う作用で効果を発揮!



アミティーザは、ルビプロストンという有効成分が入ったお薬です。
これが小腸に作用して、水分の分泌を増やし、便を軟らかくして、排便をスムーズにさせます。

どういうタイプの便秘に効くかというと、腸のはたらきがの異常が原因で起こる便秘に効果的なんです。

アミティーザは、これまでの便秘薬とは全然違う効き方をするお薬なので、刺激性の下剤のように、お薬への耐性や習慣性が出にくいというのが特徴です。

アミティーザの副作用



アミティーザの副作用として、主なものに、吐き気と下痢があります。

アミティーザを飲んでこのような症状が現れたら、すぐにお医者さんや薬剤師さんに相談しましょう。

下痢が起こったときは、アミティーザを飲む用量を減らすなどして、副作用を抑えるようにしますし、吐き気があるときは、しばらく様子を見ても改善しなければ、アミティーザを飲む量を減らしたり、服用を中止されることがあります。
その他に、たまに、腹痛や、息苦しさといった呼吸器系の症状がみられることもあります。


副作用が出てきたからと、自己判断でお薬を飲むのを減らしたり、中止したりすると、かえって便秘が悪化する可能性もあるので、やめましょう。

アミティーザを処方してもらうときにすること



アミティーザを処方してもら時に、別のお薬を服用していることがあれば、必ず、そのことをお医者さんや薬剤師さんに伝えてくださいね。

アミティーザは、他のお薬と一緒に飲むことが出来るのでお薬ですが、万一、他のお薬の副作用がでたりする場合もあるので、ご自身が飲んでいるお薬の情報は、お医者さんや薬剤師さんに知っておいてもらいましょう。

ただし、妊娠中の方や、腸閉塞にかかっている方はアミティーザは飲んでいただけないので、ご注意ください。
プロフィール
管理者:素肌健やかネット

<< 2017年 01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集