肌荒れの原因と正しい対策と改善方法

2018年10月10日

肌荒れの原因と正しい対策と改善方法



1.肌荒れが気になりませんか?



女性なら誰でも憧れる「美肌」、一生懸命ケアしているのに、お化粧のりが悪くなったり、吹き出物ができたり・・・。女性のお肌は本当にデリケート。そこで、今回は肌荒れが起こるいくつかの原因と対策について考えてみましょう。

肌荒れが気になる女性


2.肌荒れの原因



肌荒れにはいくつかの原因があります。

1)皮膚の新陳代謝の悪化


肌荒れの原因として「新陳代謝の悪化」があります。
日常生活のストレスや加齢、不規則な生活習慣などで、肌のターンオーバーが正常に行われなくなるのです。

ターンオーバー機能が上手く働かないと古い角質が表面に残り厚い層になってしまいます。
そのために肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けると肌が傷つきやすくなって、肌荒れが起こります。

ホルモンバランスの乱れ女性の肌は、生理周期による「エストロゲン」と「プロゲステロン」という二つのホルモンの分泌量のバランスに大きな影響を受けています。

ところが、この女性ホルモンはとてもデリケートで、ストレスや不規則な生活、睡眠不足、などによってホルモンバランスが乱れやすくなるのです。
特に生活のリズムの乱れやストレスは自覚がなくても肌荒れを引き起こすことがあるので注意が必要です。

摩擦で肌荒れした女性

2)肌への直接的な刺激


顔の肌荒れの原因として、顔へ直接シャワーをかけることがあります。
高温で水圧が強いシャワーは肌への刺激が強すぎるのです。

また、洗顔時にすすぎが不十分で肌に洗顔料が残っていることや、洗顔後タオルでゴシゴシと摩擦させるのも肌荒れにつながります。

また、忘れがちなことですが、枕を使うたびに顔に付着して肌荒れを引き起こす原因となるので、枕カバーはこまめに交換することをおすすめします。


4.肌荒れの対処方法



肌荒れを改善する対策にはいくつかあります。




1)代謝を高めることで肌荒れ改善


肌は28日周期で新しい肌に生まれ変わります。これを‘ターンオーバー’といいます。
運動不足だと新陳代謝が滞り、ターンオーバーがうまく機能しません。

@適度な運動
ストレッチやヨガ、ウォーキングを生活の上手に取り入れましょう。
軽い運動を習慣にすることで新陳代謝が高まり、古い角質が取り除かれ、老廃物やメラニンなども排出されて、肌荒れ解消につながります。

さらに半身浴とマッサージを組み合わせると体を温めながらデトックスができ、代謝の働きを活発にする嬉しい効果が期待できます。

A食事
新陳代謝を高める食材と言えば、ショウガ、唐辛子、大豆、雑穀などです。献立に少しずつ取り入れることで、無理なく摂取でき代謝を促進してくれます。
また日頃から白湯や緑茶を飲む習慣も、体を内側からあたため、新陳代謝の働きを高めるのに役立ちます。

2)生活習慣の見直し


肌荒れの予防には、「バランスの良い食事」「質の高い睡眠」「ストレス解消」が効果的です。バランスの良い食事健康な肌のためには、身体の内側からバリア機能を高めることも大切です。

食事の際は栄養にも気をつけましょう。コラーゲンの原料となるたんぱく質や、丈夫な肌を作るビタミンA、シミを防ぐビタミンCなどを意識的に摂ることがおすすめです。
反対にインスタント食品など添加物が多い食品を避けるようにしましょう。

3)質の高い睡眠で肌荒れ解消


肌の状態を改善するためには、睡眠がとても重要です。
睡眠中に分泌される「成長ホルモン」は、肌の内部で傷ついた細胞を修復してくれます

夜10時から2時の間は、お肌の再生が活発になる「成長ホルモン」が活発に分泌され、肌荒れ予防効果が高い時間帯です。
夜更かしをせず十分な睡眠を確保して、ダメージを受けた肌と体の回復に努めるのがおすすめです。


5.ストレス解消も肌荒れのケア



ストレスが溜まると自律神経が乱れ、肌のターンオーバーが悪くなり、肌が荒れやすくなります。
日頃からストレスを溜めないための工夫が必要です。

ストレスを溜めない生活を送る女性

ゆっくりとお風呂につかる、好きな音楽を聞く、趣味を持つなど、忙しくてもなるべく時間をとって、リラックスできるようにしましょう。


6.肌へ刺激を与えない



入浴するときには、お湯の温度に気をつけましょう。温度が高すぎると肌への刺激になります。
また、頬杖をつく、顔に触れるといった癖はありませんか?手にはたくさんの雑菌や汚れがついています。

肌荒れが起こっている肌に触れることで雑菌や汚れが侵入し、炎症を起こします。人は無意識のうちに顔に触れているものです。少し意識をして癖を直してみましょう。

デリケートな女性のお肌は些細なきっかけで肌荒れを起こしてしまうものです。スキンケアやエイジングケア、そして日頃の生活習慣を見直して、美しい肌を保つ為にも日々のケアを欠かさないようにしましょう。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する